バスケを諦めた、あなたの為のサイトです!

バスケットボール上達、手伝いますよ! > 基本ルール1.試合時間について

基本ルール1.試合時間について

基本ルール1.試合時間について

バスケットボールの試合はクォーター制で行われます。

1クォーターは10分間で、第1クォーターから第4クォーターまでの4つのクォーター計40分間で1試合です。

 

試合時間は、残り時間として電光掲示板や得点板等に表示されます。残り時間が0.0秒になるとともに各クォーターは終了し、サッカーやラグビーのロスタイムのようなものはありません。

 

第1と第2、第3と第4の各クォーターの間に2分間、第2と第3クォーター間のハーフタイムに10分間のインターバル(休憩時間)がそれぞれ与えられます。

引き分けはなく、同点の場合は5分単位での延長を決着がつくまで繰り返し行います。

 

延長クォーターは第4クォーターの延長とみなされ、チームファウルは第4クォーターと合わせて数えます。

ファウルの判定の瞬間からフリースローやスローインの後でコート内のプレイヤーがボールに触れるまでの時間など、試合中には試合時間のカウントが一時停止する場合もあります。

ただし、中学生の試合では、1クォーター8分、小学生の試合では、1クォーター6分で試合が行われなす。

 

市民大会などでは、独自に試合時間を決めて試合を行う場合もあり、注意が必要です。なお、クォーターをピリオドと呼ぶこともあります。


あなたに合うバスケのDVDはこれ!

シュートマジック

どんな角度のシュートもバシっと決めたい」というあなたにはこのDVD!

シュートを上達させたい人に向けた、シュート練習にとことんこだわったDVDです。

DVDのレビューはこちら

 

NBA解説者 中原 雄の一人でもできるバスケットボール上達練習法

NBA解説者 中原 雄の一人でもできるバスケットボール上達練習法

バスケ初心者や伸び悩みのプレイヤーなどはこのDVD!

1日たったの30分の練習でバスケがグンと上達する、基本テクニックを収録。

DVDのレビューはこちら