バスケを諦めた、あなたの為のサイトです!

バスケットボール上達、手伝いますよ! > ボールの持ち方

ボールの持ち方

ボールの持ち方

バスケットボールというスポーツには、ボールをうまく扱う技術が必要です。シュートやドリブルを上手に行うためにも、ボールをキャッチしたら無意識に正しい持ち方が出来るようにしておきたいものです。

 

ボールの持ち方には、両手で持つ方法と片手が主になる方法とがあります。どちらの持ち方でも、手をリラックスした状態で広げ、親指と小指の2本の指で挟み込むようにして、指の腹でボールを支えるようにして持ちます。

指の腹をボールにつけ、手のひらはボールにつけないようにする持ち方が基本ですが、手のひらで軽くボールに触れて指先の安定性を高めるプレイヤーもいます。手の小さいプレイヤーの場合は、手のひらにボールがぴったりと接触することが多く、手首の関節が固いプレイヤーの場合は、手のひらに接触しないことが多くなるようです。

 

ボールを両手で持つときには、両手の親指が向かい合わせになるようにして少し間を開けます。このとき、両手の親指の付け根と両手の人差し指の延長線上での交点とで正三角形を作るようにします。

右利きのプレイヤーが片手でボールを持つときには、身体の前で右手の手のひらの上にボールを乗せた状態が基本的なボールの持ち方になります。左手(利き手と逆の手)は、ボールの横に添えるようにして、軽くボールを支えるようにします。


あなたに合うバスケのDVDはこれ!

シュートマジック

どんな角度のシュートもバシっと決めたい」というあなたにはこのDVD!

シュートを上達させたい人に向けた、シュート練習にとことんこだわったDVDです。

DVDのレビューはこちら

 

NBA解説者 中原 雄の一人でもできるバスケットボール上達練習法

NBA解説者 中原 雄の一人でもできるバスケットボール上達練習法

バスケ初心者や伸び悩みのプレイヤーなどはこのDVD!

1日たったの30分の練習でバスケがグンと上達する、基本テクニックを収録。

DVDのレビューはこちら