バスケを諦めた、あなたの為のサイトです!

バスケットボール上達、手伝いますよ! > シュート

シュート

シュート

シュートとは、自分のチームが得点するためにリングの上からバスケットにボールを通すことをいいます。

シュートには、ランニングシュート、ジャンプシュート、ダンクシュートなど、様々なシュートがありますが、どのシュートを打つ時にもシュートを放つ体勢(シュートフォーム)を正しく保つことが大切です。

 

まず、コートの上にボールを置き、足を肩幅に広げ、利き手側の足を少し前に出します。

利き手をボールの真上から置き、利き手ではない方の手を横に添え、そのまままっすぐに頭の真上より少し前まで持っていき、膝を柔らかく曲げます。これが基本のシュートフォームです。

この状態から、利き手の中指の先の方まで力をいれてスナップを効かせ、バスケットを目がけてボールを放ちましょう。

 

コツとして、次のことを意識して下さい。

膝は軽く内側に入れながら曲げます。膝はあまり曲げすぎても、ボールは遠くへ飛びません。軽く曲げ、柔らかく動かすようにします。

次に、胸をバスケットにまっすぐ向け、視線をリングから外さないことです。

 

シュート練習はこの正しいフォームを意識して、常に自分のフォームを確認しながら行います。

はじめは無理せずバスケットの近くから打ち、シュートが成功することよりも正しいシュートフォームの感覚を掴むことに集中します。

 

シュートを打つ場所を毎回変えるのではなく、まずは1カ所からのシュートをひたすら練習し、徐々に距離を離していきます。

練習相手がいる時には、相手に軽くパスを出してもらい、ボールを受け取った状態からシュートの構えを作るように練習します。この時、きちんとしたフォームが取れているか、相手に確認してもらいます。

 

毎回同じリズムとタイミングでシュート出来ているか、シュート後に腕と手が伸びきった状態になっているか、ジャンプの位置と着地の位置が一致しているかなどの点に注目してチェックしましょう。

 

より詳しくシュートの練習を学びたい方は、こちらの記事も参考になるかもしれません:

バスケ一人練習・シュート編(1)
バスケ一人練習・シュート編(2)フォームと打ち方
バスケ一人練習・シュート編(3)セットシュート
バスケ一人練習・シュート編(4)ジャンプシュート
バスケ一人練習・シュート編(5)ランニングシュート
バスケ一人練習・シュート編(6)その他のシュート 


あなたに合うバスケのDVDはこれ!

シュートマジック

どんな角度のシュートもバシっと決めたい」というあなたにはこのDVD!

シュートを上達させたい人に向けた、シュート練習にとことんこだわったDVDです。

DVDのレビューはこちら

 

NBA解説者 中原 雄の一人でもできるバスケットボール上達練習法

NBA解説者 中原 雄の一人でもできるバスケットボール上達練習法

バスケ初心者や伸び悩みのプレイヤーなどはこのDVD!

1日たったの30分の練習でバスケがグンと上達する、基本テクニックを収録。

DVDのレビューはこちら