バスケを諦めた、あなたの為のサイトです!

バスケットボール上達、手伝いますよ! > ボールキープ

ボールキープ

ボールキープ

自分のチームが得点するためには、ボールを奪われないようにしなければなりません。

いくらシュートがうまくても、ボールをバスケットまで運ぶことができなければ、得点は増えていきません。

つまり、ボールキープ(ボールを持った時に相手チームにボールを奪われずに保持すること)が非常に重要なポイントになります。

 

ボールキープ力を高めるためには、ドリブルとピポッドを練習しましょう。

相手チームのディフェンスに近づいたら、まず自分の体を、ボールと相手の間に入れ、相手に対して後ろ向きになります。

完全に後ろ向きになると、進行方向が見えにくいので、少し体をひねって、斜め後ろ向きになるようにします。

相手がボールを取りに来たら、後ろに回るようにドリブルして相手を抜きます。これが、基本的なドリブルを使ったボールキープの方法です。

 

ドリブルが出来ない状態の時にはピボットでボールキープをします。ピボットとは、片足を軸足にして、もう片足を前後左右に動かし、相手を翻弄させたり、リズムを崩したりしながら、パスやドリブルなど、次のプレーを探るテクニックです。

 

ドリブルやピボットをする時は、相手からボールを遠ざけるようにすることがコツです。

そのためには、自分の体をボールと相手の間に入れ、反則にならない程度に相手に自分の体をぶつけて、相手がボールを取りにくいようにします。

また、広い視野を持つということもとても大切です。

 

コート全体を見回して、自分のチームの選手がどの位置にいるか、相手チームの選手との距離はどうか、パスができるか、ドリブルやシュートができるかなど、次にどう動くかを考えます。

 


あなたに合うバスケのDVDはこれ!

シュートマジック

どんな角度のシュートもバシっと決めたい」というあなたにはこのDVD!

シュートを上達させたい人に向けた、シュート練習にとことんこだわったDVDです。

DVDのレビューはこちら

 

NBA解説者 中原 雄の一人でもできるバスケットボール上達練習法

NBA解説者 中原 雄の一人でもできるバスケットボール上達練習法

バスケ初心者や伸び悩みのプレイヤーなどはこのDVD!

1日たったの30分の練習でバスケがグンと上達する、基本テクニックを収録。

DVDのレビューはこちら