バスケを諦めた、あなたの為のサイトです!

バスケットボール上達、手伝いますよ! > ドリブル

ドリブル

ドリブル

バスケットボールでは、ボールを手に持った状態で、決められた歩数以上歩いたり走ったりすることが禁止されています。

そのため、進行方向の地面に手のひらを使ってボールを叩きつけて跳ねさせ、これを連続して行うことで、ボールと一緒に選手が移動します。この動作をドリブルといいます。

 

ドリブルをする場所の基本は体の横です。

ドリブルする手の位置が高いと、ボールが手のひらと地面を移動する時間が長いため、相手チームのディフェンスにボールを奪われやすくなります。

そのため、低い位置で小刻みにドリブルするのが良いと言われています。

 

練習では、まず、ボールを見ながら、床のどこか一点を決めて、そこにドリブルを突き続けます。慣れてきたら、同じ場所に低く細かくドリブルをします。

次は、ボールを見ないでドリブルします。反対の手でも同じ練習をします。

これをひたすら繰り返す練習をしましょう。

 

バスケットはハビット(習慣)のスポーツと呼ばれています。繰り返し練習しただけ上達するということです。

根気よく続けることが大切です。

 

ドリブルだけでなく、ハンドリングも並行して練習するといいでしょう。ハンドリングとは、手首と10本の指でボールをコントロールすることで、体のまわりでボールを回したり、足の間を八の字に回したりして練習します。

 

ドリブルやハンドリングをするときには、次のコツを意識して下さい。

 

1つ目:

手のひら全体にボールをつけず、指先でボールを扱うようにします。手のひら全体にボールがついていると、弾くようなドリブルになり、ボールのコントロールが難しくなるからです。

2つ目:

常に同じ位置にボールを突くことです。突く位置がバラバラでは、ボールが手元に帰ってこず、ドリブルが安定しません。

 

 

より詳しい練習方法を知りたい方は、こちらの記事も参考になるかもしれません:

バスケの一人練習・実践編 > 1.ドリブル編 


あなたに合うバスケのDVDはこれ!

シュートマジック

どんな角度のシュートもバシっと決めたい」というあなたにはこのDVD!

シュートを上達させたい人に向けた、シュート練習にとことんこだわったDVDです。

DVDのレビューはこちら

 

NBA解説者 中原 雄の一人でもできるバスケットボール上達練習法

NBA解説者 中原 雄の一人でもできるバスケットボール上達練習法

バスケ初心者や伸び悩みのプレイヤーなどはこのDVD!

1日たったの30分の練習でバスケがグンと上達する、基本テクニックを収録。

DVDのレビューはこちら