バスケを諦めた、あなたの為のサイトです!

バスケットボール上達、手伝いますよ! > ディフェンス

ディフェンス

ディフェンス

バスケットボールは、1つのボールを奪い合いながら、相手チームのバスケットにボールを入れるように攻撃し、自分のチームのバスケットには相手にボールを入れさせないように守備をします。この守備をディフェンスといいます。

ディフェンスには、常に特定の相手選手に対して1対1で付くマンツーマンディフェンス、特定の相手選手に付かず、自分の受け持つゾーンに侵入してきた相手に守備を行うゾーンディフェンスなどがあります。

 

どの場合にも基本となるのが、ディフェンスの構えです。両手を挙げ、両足を平行にして、足を肩幅よりやや広く開き、膝を曲げた状態が基本の姿勢になります。

さらに、相手選手とリングを結ぶ線上に、相手から1mくらい離れて立ち、エンドライン側の足を引いて、斜めに構えます。

練習では、この構えをまず確認し、ディフェンスの基本ステップを練習します。足を交差させずに、横方向へ滑らせるように動くサイドステップ、駆け足で足を交差させながら移動するクロスステップなどです。

 

その後は、1対1、2対2など、オフェンス役とディフェンス役に分かれて、実践的な練習を行いましょう。ディフェンス上達のコツは次の3つ、相手との距離、構え方と位置、相手の行動予測です。

相手との距離は1mくらい、片手を伸ばして相手が持っているボールに触れるかどうかくらいの距離が一番プレッシャーを与えることができます。

 

次に、正しい構え方をしているかどうかです。

試合が進み、体が疲れてくると、基本の構えが崩れてくるため、注意して下さい。

あとは、相手の気持ちになって、よく動きを見て、どう動くか、誰にパスを出すかを考え、相手より先に動くよう心がけて下さい。


あなたに合うバスケのDVDはこれ!

シュートマジック

どんな角度のシュートもバシっと決めたい」というあなたにはこのDVD!

シュートを上達させたい人に向けた、シュート練習にとことんこだわったDVDです。

DVDのレビューはこちら

 

NBA解説者 中原 雄の一人でもできるバスケットボール上達練習法

NBA解説者 中原 雄の一人でもできるバスケットボール上達練習法

バスケ初心者や伸び悩みのプレイヤーなどはこのDVD!

1日たったの30分の練習でバスケがグンと上達する、基本テクニックを収録。

DVDのレビューはこちら