バスケを諦めた、あなたの為のサイトです!

バスケットボール上達、手伝いますよ! > スティール

スティール

スティール

スティールとは、盗むという意味の英単語「steal」から来ている言葉で、ディフェンスの選手が相手チームのオフェンスの選手からボールを奪うことをいいます。

具体的には、オフェンスがドリブルをしているときに手を出して奪ったり、パスを出したときにボールをカットしたりして、ボールを奪い、自分のチームの攻撃をスタートさせます。

 

スティールは、ゲームの雰囲気が変わる華やかなプレーですが、リスクも大きく、スティールを狙って失敗すれば、スペースができて、オフェンスに有利な状況を生みかねません。

また、スティールをするときは、ディフェンスはオフェンスの手や体に触れてはいけず、触れた場合はファウルになってしまいます。

 

スティールの一番のポイントは、タイミングです。オフェンスがドリブルしているときにスティールを狙うなら、相手の手にボールが無い瞬間、つまりボールが地面に弾む瞬間を狙ってボールを下からすくい上げるようにスティールします。

ドリブル中でないなら、何かアクションを起こす瞬間、例えば、パスを出した瞬間、パスをもらった瞬間、ドリブルからシュートしようとボールを持った瞬間などがスティールのチャンスになります。

 

スティールには、オフェンスの動きを予測し、その動きに素早く反応する反射神経を必要とします。コツを挙げるなら、相手を油断させることと思い切って仕掛けることです。

練習では、2人組になり、一人がドリブルをして、もう一人がスティールをして、タイミングを掴む練習が基本になります。

3人組になって、2人がパスをし、その間で一人がパスカットを狙う練習をするのもいいでしょう。

 

 


あなたに合うバスケのDVDはこれ!

シュートマジック

どんな角度のシュートもバシっと決めたい」というあなたにはこのDVD!

シュートを上達させたい人に向けた、シュート練習にとことんこだわったDVDです。

DVDのレビューはこちら

 

NBA解説者 中原 雄の一人でもできるバスケットボール上達練習法

NBA解説者 中原 雄の一人でもできるバスケットボール上達練習法

バスケ初心者や伸び悩みのプレイヤーなどはこのDVD!

1日たったの30分の練習でバスケがグンと上達する、基本テクニックを収録。

DVDのレビューはこちら