バスケを諦めた、あなたの為のサイトです!

バスケットボール上達、手伝いますよ! > 「上達が止まった」と思ったら

「上達が止まった」と思ったら

「上達が止まった」と思ったら

バスケを上達したいから、一生懸命練習するのはもちろんですが、真面目に練習していれば際限なく上達し続けられるのかというと、ちょっと違います。

何のスポーツでもそうですが、最初は誰でも一生懸命練習するんです。

決められたメニュー、あるいは自分で決めたメニューでもいいですが、それを繰り返し練習して、だんだんと上達して行きます。

 

でもある時、上達が止まる事があるんですよね。

ずっと同じ練習をしていて、ある程度はうまくなったのに、それ以上うまくならない。

でも、よく考えてみたら、それは当たり前なんですよね。

 

物凄く簡単に説明すると、例えば、当初の目標が「ドリブルをマスターすること」だとしたら、ひたすらドリブルの練習をしますよね。

基本的な事を言うと、「視線は前を向いて、ボールはなるべく速く強く突く」といったところでしょうか。

やる事さえ間違っていなければ、それを繰り返して行く事でドリブルは上達するでしょうけど、同じ練習を繰り返したところで、シュートが打てるようにはならないわけです。

まあ、今のは極端な例ですが、基本姿勢である程度ボールが突けるようになったら、フロントターンなりロールターンをやってみるとか、仲間にディフェンスをやってもらうとか、ドリブルの制度を上げて行く事が大事なわけです。

 

大事なのは、そういった練習をして行く中で、「あ、俺(私)って上手くなっているな」と実感する事です。

それを実感してきたら、今できない(不得意な)事についても考えて行く必要があります。

 

得意な分野って結構突きつめて行こうとするんですよね。

それ自体は決して悪い事ではないのですが、気を付けないといけないのは「苦手な事をしなくなる」事です。

今の例で言うと、ドリブルの制度が段々上がってきて、楽しいからもっと練習するけど、逆手の方はさっぱり、という具合。

 

だから、自分の上達を実感できたら、「さらに上達する(自分を変化させる)にはどうしたら良いか?」を考えて、次の目標へと向かって行ってください。

それを繰り返して行けば、どんなにバスケが初心者でも、必ず上達して行く思いますよ。

 


あなたに合うバスケのDVDはこれ!

シュートマジック

どんな角度のシュートもバシっと決めたい」というあなたにはこのDVD!

シュートを上達させたい人に向けた、シュート練習にとことんこだわったDVDです。

DVDのレビューはこちら

 

NBA解説者 中原 雄の一人でもできるバスケットボール上達練習法

NBA解説者 中原 雄の一人でもできるバスケットボール上達練習法

バスケ初心者や伸び悩みのプレイヤーなどはこのDVD!

1日たったの30分の練習でバスケがグンと上達する、基本テクニックを収録。

DVDのレビューはこちら