バスケを諦めた、あなたの為のサイトです!

バスケットボール上達、手伝いますよ! > バスケの一人練習・基本編 > 2.ハンドリングって一つじゃないの?

バスケの一人練習・基本編

2.ハンドリングって一つじゃないの?

バスケの練習では、パスやドリブル、シュートなど練習する事は色々ありますが、それら全ての基礎となるのがハンドリングです。

ハンドリングについては、このサイトでも何度も書いていますが、それだけ重要だという事です。

 

ところでハンドリングというと、どんな練習を想像しますか?

バスケ経験者の方であればわかると思いますが、腰の周りでボールを回すだけがハンドリングではありません。

腰の周り、頭の周り、膝周り、クロス、コンビネーション、逆回し(右から左へ回していたものを左から右へ回す。またはその逆)、などなど。

ざっと挙げるだけでも、これだけのバリエーションがあります。

 

ここに書く意外でもハンドリングの練習方法はいくつもありますが、どの方法にも言える大事なポイントは、顔を上げて行うという事。

最初のうちは、どうしてもボールを目で追ってしまうために、顔を上げての動作はなかなか難しいと思いますが、慣れてきたらこれを意識するようにしてください。

 

関連記事:

バスケットボールチームでの悩み事や疑問4.テクニック習得・ハンドリング

 

↓↓色んな種類のハンドリングがマスターできる、このDVDはおすすめです↓↓


あなたに合うバスケのDVDはこれ!

シュートマジック

どんな角度のシュートもバシっと決めたい」というあなたにはこのDVD!

シュートを上達させたい人に向けた、シュート練習にとことんこだわったDVDです。

DVDのレビューはこちら

 

NBA解説者 中原 雄の一人でもできるバスケットボール上達練習法

NBA解説者 中原 雄の一人でもできるバスケットボール上達練習法

バスケ初心者や伸び悩みのプレイヤーなどはこのDVD!

1日たったの30分の練習でバスケがグンと上達する、基本テクニックを収録。

DVDのレビューはこちら