バスケを諦めた、あなたの為のサイトです!

バスケットボール上達、手伝いますよ! > バスケの一人練習・実践編 > 4.バスケ一人練習・ドリブルでボールを運ぶ(2)

バスケの一人練習・実践編

4.バスケ一人練習・ドリブルでボールを運ぶ(2)

3.レッグスルー

自分の股の下にボールを通すことで、ドリブルする手をチェンジするテクニックの事です。

踏み出した足が、ガードの役割を果たすので、カットされにくく、ディフェンスを左右に揺さぶる効果もあります。

このテクニックの基本は、姿勢を低くし、片足を大きく踏み出し、踏み出した足は、太ももあたりをボールが通るようバウンドさせることです。この一連の動作を走りながら行う練習方法です。

 

このレッグスルーは、踏み出しの最初の一歩が重要になります。ディフェンスを抜くには、相手の動きをよく見て、逆を突くように踏み出さなければなりません。そして足の踏込と同時にボールを押し出します。腕を振るのではなくボールを突き出す感覚が大切です。

 

4.スピードドリブル

ディフェンスの居ないフリーの状態の時、ゴールに向かって突き進む状態で、なるべく体を低い姿勢でドリブルを行う事です。

ボールにしっかりバックスピンをかけることが必要になります。

 

5.アドバンスドリブル

スピードをコントロールしてボールを運ぶ方法です。

基本的には、常にスナップアラウンド(スナップを効かせたドリブル)でドリブルをし続けることが大切です。ボールを離している時間をできるだけ少なくすることです。

 

6.コントロールドリブル

ディフェンスが目の前にいるときスチールを警戒しながらスピードを抑えたドリブルのことを言います。

半身になって、しっかりとボールをプロテクトし、足の運びはスライドステップで、ディフェンスの不意の動きに対応できるよう練習を重ねてください。

 

このスピード、コントロール、アドバンスの3種類のドリブルを充分に替えられるよう練習することが肝心です。

「5.バスケ一人練習・ドリブルでボールを運ぶ(3)」へ>


あなたに合うバスケのDVDはこれ!

シュートマジック

どんな角度のシュートもバシっと決めたい」というあなたにはこのDVD!

シュートを上達させたい人に向けた、シュート練習にとことんこだわったDVDです。

DVDのレビューはこちら

 

NBA解説者 中原 雄の一人でもできるバスケットボール上達練習法

NBA解説者 中原 雄の一人でもできるバスケットボール上達練習法

バスケ初心者や伸び悩みのプレイヤーなどはこのDVD!

1日たったの30分の練習でバスケがグンと上達する、基本テクニックを収録。

DVDのレビューはこちら