バスケを諦めた、あなたの為のサイトです!

バスケットボール上達、手伝いますよ! > バスケの一人練習・実践編 > 6.バスケ一人練習・パス編(1)

バスケの一人練習・実践編

6.バスケ一人練習・パス編(1)

パスの最大の目的は、味方にとってより有利になるように、パスを正確に送るところにあります。長い距離を早くボールを移動させたいときに、最も有効な手段となるのがパスです。

それには速さと正確さが伴わないと意味がありません。

1本のパスが試合の流れを大きく変えてしまうこともあります。

それだけにパスの基本的な練習を繰り返すことがバスケ上達の最大の道とも言えましょう。

 

マスターしたいパスの種類は、7つほどありますが、パスの方法こそ違えど、基本的なポイントは同じです。どれも狙った場所に正確にボールを出すことです。

またディフェンスに出し抜かれないよう、最小限の動作で行うことも大切です。

 

パスの基本は何と言っても短く正確に、相手の胸元に送ることです。

そして味方のポジションを把握し、味方が次の動作をしやすいようにパスを出します。

特に動きながらのパスは、相手とのコンビネーションがうまくなければ失敗につながります。

 

それでは次のページから7種類のパスについて解説致します。

「バスケ一人練習・パス編(2)」へ>


あなたに合うバスケのDVDはこれ!

シュートマジック

どんな角度のシュートもバシっと決めたい」というあなたにはこのDVD!

シュートを上達させたい人に向けた、シュート練習にとことんこだわったDVDです。

DVDのレビューはこちら

 

NBA解説者 中原 雄の一人でもできるバスケットボール上達練習法

NBA解説者 中原 雄の一人でもできるバスケットボール上達練習法

バスケ初心者や伸び悩みのプレイヤーなどはこのDVD!

1日たったの30分の練習でバスケがグンと上達する、基本テクニックを収録。

DVDのレビューはこちら