バスケを諦めた、あなたの為のサイトです!

バスケットボール上達、手伝いますよ! > バスケの一人練習・実践編 > 16.バスケ一人練習・パスミート

バスケの一人練習・実践編

16.バスケ一人練習・パスミート

移動しながらボールをキャッチする事をパスミートと言います。

試合中、激しいディフェンスをかいくぐってパスを出すのは至難の業です。そこで、自分からボールを迎えに行ってキャッチするパスミートを多用します。

これが旨く行くかどうかは、パスを出す方ばかりでなく、受け手の力量が問われるテクニックと言えましょう。

バスケットは、パス回しが勝敗を大きく左右することは当然のことです。それだけにパスをキャッチする人は、いち早く味方がパスを出しやすい位置をキープしなければいけないと同時に、周りの状況を常に把握しておかなければなりません。

 

近代バスケットは、「シンキングバスケットボールの時代」とよく言われています。それは直訳すれば、考えるバスケの事ですが、パスを受けた時点でどのように動いたらいいか、常に周りの状況を把握しておかねばなりません。

ボールを受け取った瞬間、素早くどう動くかが攻撃のカギとなります。

 

パスミートの練習方法

まず、パスミートの基本を知らなければなりません。

ボールをキャッチするときは、柔らかく開いた指先で、ボールの勢いを吸収することが大切です。そしてステップはリズミカルに、パスコースに直進すると見せかけ、フェントをかけたり、ディフェンスの意表を突く動きをしましょう。

そのためには、両足を同時に床につけて止まる「ジャンプストップ」や、片方づつ着地する「ストライドストップ」、軸足を固定して他の足を踏み出す「ピボット」といった、ステップの練習が肝心です。

 


あなたに合うバスケのDVDはこれ!

シュートマジック

どんな角度のシュートもバシっと決めたい」というあなたにはこのDVD!

シュートを上達させたい人に向けた、シュート練習にとことんこだわったDVDです。

DVDのレビューはこちら

 

NBA解説者 中原 雄の一人でもできるバスケットボール上達練習法

NBA解説者 中原 雄の一人でもできるバスケットボール上達練習法

バスケ初心者や伸び悩みのプレイヤーなどはこのDVD!

1日たったの30分の練習でバスケがグンと上達する、基本テクニックを収録。

DVDのレビューはこちら